NEWS

最新情報など
2022/3/22
ハイパー能 「菖蒲冠(あやめこうふり)」 開催のお知らせ
新作・ハイパー能 「菖蒲冠(あやめこうふり)」 初演

★日時:2022年6月4日(土) 15:00開場 15:30開演 ※雨天順延 6月5日(日)

★会場:生田緑地 菖蒲園  
神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1‐4 (小田急線「向ヶ丘遊園駅」下車 南口から徒歩約13分)

★出演:桜井真紀子(少年・斎宮)、吉松章(少年・花苑司)、櫻井元希、柳嶋耕太、金沢青児(地謡)、 灰野敬二(ハープ、カンテレ、ポリゴノーラ、打楽器)

★料金:3,500円 《 予約制 》
ご予約・お問合せ:「まきこの会事務局」 tel: 090-9236-0836 email: makikoclub2022@gmail.com
ポリゴノーラの演奏動画をYouTubeにアップしました
Shamor.jpg
Shaomorさん
NY在住、Shamor Peeler-Deanさんの演奏動画をYouTubeにアップしました。灰野敬二氏のコンサートでポリゴノーラに魅了されてから5年の時を経て、2019年冬に広島を訪問。数日にわたり試奏を繰り返し、円と三角形のポリゴノーラを購入されました。自作の台にのせたり吊り下げたりと、自由な形での演奏風景です。
柳沢英輔先生(oto-circleコアメンバー)の著書が発売されました。
「ベトナムの大地にゴングが響く」
gong.png
ゴング音楽に魅かれ、いてもたってもいられず訪れたベトナム中部高原から始まった、13年間の集大成。ゴングを演奏する村人たちに出会い、ありのままを観察し、丹念にまとめた貴重な記録に加えて、ゴングの音や演奏に関する学術的な分析、現地調査でのエピソードや食事についてのコラムなど、多岐にわたる盛りだくさんの内容。調律技法や調律前後の音、葬式や墓放棄祭などにおける演奏など、筆者撮影の映像やフィールド録音をウェブ上で視聴できるのも本書の魅力となっています。
読んで、見て、聴いて、楽しい。
ゴングへの興味が広がる一冊です。
定価:本体2,700円(税別)
発行所:株式会社 灯光舎
ISBN 978-4-909992-00-0
※2020年1月12日 読売新聞に書評が掲載されました。
 評者:三中信宏(進化生物学者)
※2020年1月18日 日本経済新聞に記事が掲載されました。
※「ミュージック・マガジン 2020年2月号」に書評が掲載されました。
 評者:北中正和(音楽評論家)
薦田治子先生(oto-circleコアメンバー)が、2018年5月に著名な民族音楽の研究者の名が冠せられた“第29回小泉文夫音楽賞(2017年度)”を受賞されました。
受賞対象となった功績は「平家(平曲)の音楽的解明と若手演奏家の育成を通した平家の活性化に対して」です。
同年5月~7月に受賞記念講演などが東京・神戸で開かれました。
小方厚先生(oto-circleコアメンバー)の著書が発売されました。
「音律と音階の科学 新装版 ドレミ…はどのように生まれたか」
(ブルーバックス)
 
ポリゴノーラも紹介されています。
定価:本体1000円(税別)
発行所:株式会社 講談社
ISBN 978-4-06-511664-7

執筆:小方 厚

タワーレコードが発行するフリーマガジン「intoxicate誌」4/20号掲載。
ポリゴノーラCDの紹介をしていただく。 

執筆:小沼純一(音楽・文芸批評家/早稲田大学教授)